バイクを売るときに純正パーツを集めたほうが高く売れる?

バイクを売るときに純正パーツをわざわざ集めたほうが高く売れるのか?

 

バイクを売りに出すときには一般的に所有者のクセがついていないノーマル(純正)の状態が一番高く買い取ってもらえると言われています。

 

今の現状がとくにカスタムしていないノーマル状態ならなにも問題はないのですが、SR400みたいなカスタムするのが定番な車両になると何らかの改造をしてしまっている方がほとんどだと思います。

 

カスタム車両よりも純正状態のほうが高く売れるなら、

 

バイクを高く売りたいがために純正パーツを集めたほうがいいのか?どうなのか?という質問を伺ったので今回こちらのサイトでお答えしたいと思います。

 

まず結論から・・・
純正パーツをわざわざ買い集める必要はありません。

 

もちろん純正パーツはないよりあったほうがいいですし、もっというのであれば社外パーツから純正パーツに付け替えたほうがいいです。

 

そして社外パーツについてはオークションやパーツ取り扱い専門店に売るほうがいいと思います。

 

ただ、すごい手間ですし、整備の腕や知識がある程度ないと実施することが難しいですよね。

 

そして・・・純正パーツを集めるだけでさらにお金がかかってしまいます。

 

オークションでのパーツ検索だけでも安いものを探そうと思ってみていると何日も時間がかかってしまいます。

 

またせっかく純正パーツを集めて、付け替えて車両自体は高く売れたのに結局純正パーツ代のことを考えると赤字になってしまうなんてことも十分ありえます。

 

なので純正パーツをバイクを売るためにわざわざ集める必要はないと思います。

 

集めるのに時間もお金もかかります。

 

今手元に純正パーツがある方は、バイクを売りに出すときに一緒に純正パーツもお付けできますと一緒に差し出すかもしくは技能があれば純正パーツに付け替えて売りに出すといいと思います。

 

まだバイクを買ったばかりで改造をこれから考えている方は売りに出すときに注意しましょう。改造したとしてもできるだけ純正パーツは破棄せずに持っておいたほうがいいと思います。

 

皆様の参考になれば幸いです。